上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天大厦22C05

上海で労働局の登録カードの手続きに中国人社員の在籍が必須に、2016年7月から

上海で労働局の登録カードの手続きに中国人社員の在籍が必須に、2016年7月から


am900_bo034

 今年4月1日からルール改正となり、「上海の就業証の手続きに労働局登録カードの持参必須に」なったと、お知らせしたばかりだが、この点について7月から再びルール変更が行われる見込みとなった。

 これまでのルールでは、この登録カード(用戸卡)の手続きが出来る方の資格として、法人代表或いは会社の社会保険加入者という条件があったのだが、7月からは会社の法人代表による手続きが不可になったのである。

 つまり、社会保険に加入済み中国人社員がいないと手続きが出来なくなったということ。

 これが何を意味するかというと、中国人スタッフ(社会保険加入)の存在しない会社では、新たな外国人の就業証申請手続きが事実上不可となるということを意味する。

 既に登録カードを手続き済みでカードを所持している会社に対して再審査が行われるようなことはなさそうだが、ここまで登録カードを持たずに外国人だけで運営してきたような会社は要注意である。

 この登録カードが無ければ、外国人のビザ(居留証)手続きに必要な就業証の手続きが申請できなくなり、つまり労働ビザ(居留証)の取得や延長手続きが出来なくなるのである。
 これにより事実上新たに外国人を雇えなくなってしまうばかりか、既にいる外国人の就業証延長も不可になってしまう。

 もし今まで一人の中国人も置かずに運営されて来たような会社は、今後も外国人を雇い続けたり新たに雇ってビザを取得させるためには、中国人を新たに雇う必要が生じたことになる。

 しかも社員の資格として社会保険加入者が定義付けられているので、単に名義を借りて見せかけの社員では駄目で、社会保険登録を手続きした社員であることが必要になり、雇用者には社会保険料の負担が発生することになる。

 今回のルール改正は外国人企業などにとっては小さくない改革であり、各企業の経営者の方は、早め早めの情報確認で対策を立てることが必要となって来る。
 弊社でも、今回のルール変更に関する相談など、ビザに関する質問を随時受け付けており、不安等がある方は早めにお気軽にお問い合わせいただきたい。

劳动局办事卡

関連記事

  • 法定代表人の新規ビザ取得に学歴・職歴の条件が追加される法定代表人の新規ビザ取得に学歴・職歴の条件が追加される  これまで中国の法人の法定代表人に外国人がなっている場合、その外国人が滞在ビザを取得する場合には、学歴や職歴の条件は問われなかったが、今月以降は法定代表人の新規ビザ申請案件についても学歴・職歴条件が課される状況になってきている。  現在、中国での労働ビザを取得する […]
  • ビザ更新時にも会社書類の原本持参が必須にビザ更新時にも会社書類の原本持参が必須に  ビザの許可条件状況が厳しくなっているようだという噂はかねてから巷で流れているが、具体的にどのくらい厳しいのかを示すことはなかなか難しい。  しかし、ビザの手続きにおいては、よりルールが厳格化しているのは確かなようである。  その一つとして昨年12月よりビザ […]
  • 居留証(滞在ビザ)の延長手続きに際して本人出頭が必須に居留証(滞在ビザ)の延長手続きに際して本人出頭が必須に 今年7月から居留証の延長手続きに際して、代理申請者だけではなく本人の申請が必須となっている。  これまでは延長手続きの際は会社の人事担当のような代理人が赴けば事が済んでいたのだが7月以降は本人の出頭が必須になっているのである。  これまでも新規のビザ取得の際は必 […]
  • 労働ビザ取得には意外と時間がかかる。労働ビザ取得には意外と時間がかかる。  最近よく問い合わせを受けるのが、「来週から上海に来て働くのだけど、労働ビザの取得代行をお願いできますか?」というもの。  あるいは、「もう上海に来てしまったんだけど」とノービザで入国されてから相談されるケースも少なくない。  こういったケース、弊社としても無下 […]
  • 法人代表(法定代表人)でも中国のビザ手続きに就業証が必要になった!法人代表(法定代表人)でも中国のビザ手続きに就業証が必要になった!  最近、法人代表者(法定代表人)のビザを手続きを行なっている際に以前は必要なかった就業証が必要になっていることが判明した。  以前のルールであれば、中国の会社(公司)の法人代表(法定代表人)は投資者扱いであり、従業員ではなかったので「就業証」の手続きは必要なく、法 […]

« »

Translate »