上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天大厦22C05

工作証の延長手続き、30日前までに開始しないとやり直しに(2018年2月末より)

工作証の延長手続き、30日前までに開始しないとやり直しに(2018年2月末より)


 今年2017年4月より正式に始まった就業許可の新制度だが、徐々な部分で従来の手続き方法からの変更が行われている。

 その一つとして、延長手続き期限の見直しが行われ、従来は期限日の30日前に手続きをすればよかったのだが、新制度では逆に30日前より早く手続きを始めることが求められるようになった。

 そればかりではなく、30日前までに手続きを始めないと、延長手続きが出来なくなり改めて新規の手続きをやり直さなければならないとアナウンスされている。

 従って、従来の感覚より少なくとも一か月早く手続きを始めないと完全に間に合わなくなる。

 もしやり直しとなった場合は、以前も書いた通り、資料集めからリスタートとなり手続きを終えるまでに軽く2か月以上を要することになる。
 しかもこの手続き期間は原則として許可が下りていない状態となり、新たな労働許可(工作証許可)が下りるまでは、建前上は働けなくなるのである。

このような状況から工作証(旧就業証)と居留証延長手続きを行うには、忘れずに30日以上前から手続きを開始することが必然となる。

 当局のルールでは、90日(約3か月)前から工作証(旧就業証)の延長が可能となっているため、可能な限り90日前からスタートできるよう、手続き段取りを組んだ方が良い。

 幸いなことに新しい制度の手続きでは(実は以前からそうであったが)、ネット申請を先行させるためパスポートをそれほど長期に預ける必要はなく、弊社でも長期に資料を預かるようなことはほとんどなくなっている。 

 残念ながら最後の居留証の手続きは従来通り申請日含め8営業日が必要だが、パスポートを預けっぱなしになるのはこの期間だけである。
(実はこれとて幾つかの条件を満たせば短縮することが不可能ことは可能だが)

 従って、早めに手続きを開始することによって、途中に出張が挟まるなどの状況であってもパスポートが必要な手続きの日程を、余裕をもって設定することが可能となり、スムーズな手続きが可能となる。

 特に、年に数回ある長期休暇(正月、春節、5月連休、お盆、国慶節)などで、日程調整に影響され、出国予定がパーにならないよう、今すぐにでもスマートフォンのカレンダーにでも90日前の予定を今すぐ書きこむことをお勧めする。

 

関連記事

  • 中国の外国人新ビザ制度における旧就業証の延長手続き手順について中国の外国人新ビザ制度における旧就業証の延長手続き手順について 外国人の就業許可制度の変更に伴い、2017年4月以降、手続き方法が昨年までと一部変更になっておりますので、下記にご案内いたします。 A 外国人専門家局への法人登録 従来は労働局で取り扱っていた外国人の就業許可に関する担当機関が外国人専門家局(外専局)になった […]
  • 就業許可が下りる前に先行して入国する場合はZビザがいらない?!就業許可が下りる前に先行して入国する場合はZビザがいらない?!  日本など外国から中国を訪れて就業をする場合、現地に本人が先に到着してから手続きをしたいと考えられている人も実は少なくない。  しかし、実際には就業許可通知が下りないとZビザを取得できないことから、就業許可通知を待ってZビザを取得し、その後初めて中国側に入国す […]
  • ビザ申請に必要な写真サイズと上海のスピード写真ビザ申請に必要な写真サイズと上海のスピード写真  ビザの新規申請や延長手続きの際に必ず必要になるのが本人の顔写真。 これは、他の資料と違ってパソコン上で作って印刷すればよいというような類のものではないから、手続きされる本人にとって意外と面倒臭い準備資料の一つではないかと思われる。  ところでこの顔写真、居留証(ビ […]
  • 法人代表の中国ビザ延長は従来のタイミングでは間に合わない法人代表の中国ビザ延長は従来のタイミングでは間に合わない  中国の法人代表(法定代表人)のビザ(居留許可)に就業証取得が必須になったことは前回書いたが、現在この制度変更により手続きが一つ増えたことになり、以前より手続き日数が余分にかかる状況になっている。  特に、今まで就業証を持っていなかった人は単なる延長であっても新規の就 […]
  • 退職して中国を離れるときのビザ(居留証)の扱いについて退職して中国を離れるときのビザ(居留証)の扱いについて  始まりがあれば終わりがあるのが世の中の道理だが、中国で働き始めた外国人もほとんど多くの方は、生きているうちにいずれ日本や母国に帰国する日がやってくる。  稀に中国で生涯を終える方もいらっしゃるがやはり稀なケースであろう。  そこで中国の会社を退社、あるいは駐在 […]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »