上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.+86-136-0167-5795

〒200-070 上海市普陀区華池路58弄1号1026室

転職後はすぐに居留許可の切替えが必要な中国のビザ制度

転職後はすぐに居留許可の切替えが必要な中国のビザ制度


am900_bs012

中国人の経営する会社に転職した人に多いケースなのだが、前の会社で取得した居留許可証(就労ビザ)の有効期限がまだ数か月残っている場合、切り替えないでいいと思っている場合が多いようなのである。
 しかし、これは中国の法律にのっとって考えると間違いということになる。
 中国で居留許可の扱いは、ビザそのものの許可よりも、就業証の有無に依るところが大きく、居留許可証は就業証に基づいて100%リンクするのが法律の求めるところとなる。
 そのため転職した場合は居留事由の変更に当たり、就業証も登録変更が必要になる。
 もちろん、しばらく手続きせず放置しておいて更新期限が来てから手続きすればいいと考えられそうなものだが、法律では10日以内の手続きをもとめているので、前職の離職証明書と手続きの日付が離れすぎてしまっていると、結局放置している間は不法滞在の扱いになり最悪の場合は新しい就職先と本人が罰金などを科されることになる。

 離職証明書の日付を新しい就職先の業務開始日に合わせてうまく調整してもらえるなら乗り切れるかもしれないが、一般的に会社は退職者に冷たいのが普通なので、そういった都合の良い対応は期待しない方がよいし、中国の会社の場合は下手をすると退職証明書の発行手数料を要求されたりするかもしれない。
 それ故に、退職時に確実に離職証明書をもらっておくのが必須で、転職したらすぐに就業証の変更手続きを開始してもらう必要があるのである。 

« »

コメント

  • 佐藤 辰幸 より:

    現在、中国国内で日系独資で15年程勤務しておりますが年齢は59歳ですが、同じ日系企業よりオファーが有り転職をしたいのですが、今持って居る、Zビザで就労先の変更手続きは可能でしょうか、因みに転職先は上海松江地区です。

    • MIX VISA より:

      佐藤様

       お問い合わせありがとうございます。
       ご質問の件、転職して会社を変更する場合は許可は引き継がれず、改めて審査が行われることになります。
       この際、前職までの職歴は当然考慮されますが、あくまで審査要素の一つとなります。
       またまもなく60歳を迎えられるとのことなので、その点を含めて当局の基準で審査されます。

       以上がご回答となります。

                                   上海SYSビザサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA