上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天下大厦22C05

居留証延長申請時の営業許可証の提示が不要に

居留証延長申請時の営業許可証の提示が不要に


中国での手続きルールはめまぐるしく変更されるのが常だが、どうやら居留証延長申請時における営業許可証の原本提示が不要になった模様。
ただし、これは延長申請に限る措置のようであり、新規の申請や会社変更など大きな情報の変更があった場合はやはり、これまで通り営業許可証の原本提示が必要になる。
営業許可証の原本は、どの会社にとっても会社の根幹にかかわる資料なので持ち出しを渋る会社様も少なくなかったが、今回ようやくその負担が減ったことになる。

このルール変更の要因としては、居留証申請時に提出する工作証情報の存在が大きいとみられる。
工作証カードはそもそも個人携帯する資料だが、中身の情報は当局サーバーによるセンター管理になったため、偽造の可能性がほとんどなくなり、会社による信用性を担保する必要がほとんどなくなったということが大きいだろう。
それにより、会社の確認(営業許可証の原本提示)はその会社における最初の申請時のみになり、延長時は不要になったと察せられる。
とはいえ、朝令暮改で変わる中国のルールのことであり、またいつ必要とされるかわからないのが実情であり、当面はやはり営業許可証も準備しておくほうが無難ではある。

また、今回この変更を確認できたのは上海における手続きのみであり、総じてビザ関連に関する手続きについては上海は他の地方に比べ比較的外国人に優遇が図られているため、上海以外における手続きにおいてはフレキシブルに対応してもらえない場合が多く、それぞれご当地の役所の指示に従って頂きたい。

関連記事

  • ビザ更新時にも会社書類の原本持参が必須にビザ更新時にも会社書類の原本持参が必須に  ビザの許可条件状況が厳しくなっているようだという噂はかねてから巷で流れているが、具体的にどのくらい厳しいのかを示すことはなかなか難しい。  しかし、ビザの手続きにおいては、よりルールが厳格化しているのは確かなようである。  その一つとして昨年12月よりビザ […]
  • 中国の外国人居留許可(就労ビザ)は会社の営業許可期限までしか更新延長できない中国の外国人居留許可(就労ビザ)は会社の営業許可期限までしか更新延長できない  先日、弊社にビザの延長を依頼されてきたお客様の中でやや特異なケースがあった。  このお客様は本人が居留許可証を延長更新したいというので弊社に依頼があったのだが、書類を確認したところ、本人の所属する会社の営業許可証の期限が来年の2015年1月までとなっていた。  も […]
  • 工作証の延長手続き、30日前までに開始しないとやり直しに(2018年2月末より)工作証の延長手続き、30日前までに開始しないとやり直しに(2018年2月末より)  今年2017年4月より正式に始まった就業許可の新制度だが、徐々な部分で従来の手続き方法からの変更が行われている。  その一つとして、延長手続き期限の見直しが行われ、従来は期限日の30日前に手続きをすればよかったのだが、新制度では逆に30日前より早く手続きを始 […]
  • 中国の就業許可ランクは「ランク」じゃない!?中国の就業許可ランクは「ランク」じゃない!?  2017年から新しい外国人労働許可の制度として始まった中国の工作証の制度だが、この制度は若干誤解を受けている面がある。  それはランクに関する解釈である。  多くの方は、Aランク、Bランク、Cランクを階層的なイメージでとらえていると思うが、実はそれは間違っ […]
  • 就業許可が下りる前に先行して入国する場合はZビザがいらない?!就業許可が下りる前に先行して入国する場合はZビザがいらない?!  日本など外国から中国を訪れて就業をする場合、現地に本人が先に到着してから手続きをしたいと考えられている人も実は少なくない。  しかし、実際には就業許可通知が下りないとZビザを取得できないことから、就業許可通知を待ってZビザを取得し、その後初めて中国側に入国す […]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です