上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天大厦22C05

中国のビザ申請時に台湾経歴を持つ方はご注意を

中国のビザ申請時に台湾経歴を持つ方はご注意を


 日本人ならほとんどの方は存じていると思うが、台湾は現在中華人民共和国の領土であるが、政府が認めていない勢力が非合法に行政を行っているという扱いになっている。
 従って中国のビザを申請する際に、台湾滞在歴を持つ方は注意をする必要がある。
 
ノービザなどで台湾に観光滞在されていた方などは特に問題は無いが、問題となるのは台湾で就労ビザなどを取得し働いていたような場合である。

 このような場合、北京政府から見ると同政府の統治する領土に「非合法勢力と関係があり領土に勝手に滞在していた」という解釈が成り立つようで、不法滞在或いは、非合法組織と関係がある外国人として区別されてしまうようである。

 故に台湾のビザが貼られたパスポートを持つ方は、そのままでは居留証の申請が拒否されてしまう。

 ならばどうすればいいか?

そのような経緯を持つ方は非常に面倒くさくはあるが台湾行政府の発行したビザの貼られたパスポートを更新して、台湾ビザの無い真っ新な状態にする必要がある。
 こうすることにより、表面上は非合法行政府と関係がないことになり許可要件が整ったという扱いになるようのである。

 この台湾障壁は学歴などには適用されないようで、台湾の大学を卒業した経歴は「中国国内の大学の経歴」として使える。

 ただし、この学歴認証に関しては台湾関連の特別な機関を通して行われるようで、建前と実態とのすり合わせるためのような組織が存在する。

 このあたり国際関係のバランスによって扱いや手続きは都度変化するので、許可要件についてはなかなか一律にこうであると断言できない状態になっている。
 しかし、北京政府が台湾の行政府を認めていないことには変わりなく、転勤などで台湾から中国大陸側に異動してくる場合は十分注意が必要である。

関連記事

  • 中国入国の際のパスポート残存期間について中国入国の際のパスポート残存期間について  ビザを専門に扱っている弊社に対して、時々寄せられる質問が、入国の際のパスポート残存期間についてである。  一部のサイトやガイドブックなどは、「中国入国時にパスポートの残存期間が半年以上残っていることが望ましい」などの記載があるため、居留証を持っててもパスポートの […]
  • 日本人はビザを持っているのにノービザに扱われる危険性がある。日本人はビザを持っているのにノービザに扱われる危険性がある。  以前、中国でノービザ扱いを受けられるのは限られた国であることはここに記したが、日本人がノービザ扱い可能な特殊国であることが災いして、入国管理官が時々間違いを起こしていることが判明した。  某お客様のケースなのだが、中国国外で観光ビザを取得して中国へ入国したものの […]
  • 在留届を出しておくと領事館でのパスポート更新がラク!在留届を出しておくと領事館でのパスポート更新がラク!  ビザの話ではないのだが、中国に限らず日本人が日本を離れて外国に3か月以上滞在する人は現地を管轄する在外公館に、在留届を出して所在を知らせておく義務があると日本の法律で定められている。  上海にも在上海日本国総領事館という領事館があり、上海や江蘇省、浙江省、安徽省 […]
  • 中国国内でパスポートを更新した場合のビザ貼り替えには同一人物証明書が必要(訂正)中国国内でパスポートを更新した場合のビザ貼り替えには同一人物証明書が必要(訂正)  中国に長く滞在していると滞在中にパスポートの期限が来て更新が必要な機会も生まれてくる。  日本の在外公館でもパスポートの更新が可能なことは以前も記し、居留証(ビザ)の貼り替えが必要なことも書いたが、最近の中国側のルール改正によりこのパスポート更新後の居留 […]
  • 国際結婚で生まれた子供の中国ビザに関する整理国際結婚で生まれた子供の中国ビザに関する整理    最近、日本と中国の間で人の交流が盛んになっていることもあり国際結婚が非常に増えている。  一説によると年間の結婚数の6%近くまで国際結婚が増えていた時期もあり、現代では国際結婚はそれほど珍しい話ではなくなりつつある。  国際結婚が増えてくると当然のことな […]

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »