上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天大厦22C05

中国入国の際のパスポート残存期間について

中国入国の際のパスポート残存期間について


am900_bs090

 ビザを専門に扱っている弊社に対して、時々寄せられる質問が、入国の際のパスポート残存期間についてである。

 一部のサイトやガイドブックなどは、「中国入国時にパスポートの残存期間が半年以上残っていることが望ましい」などの記載があるため、居留証を持っててもパスポートの残り期間が半年を切ってしまうと入国出来ないのではないかと不安になるようである。

 しかし、この疑問は結論から言ってしまえば心配ないということになる。

 上記でいうところの半年以上の残存期間というのはあくまで推奨すべき状態であって、絶対条件ではないものとなっている。
 したがって、パスポート期限まで残り1か月であろうが居留証やその他の入国ビザを持って入国する分にはビザの期限いっぱいまで中国国内に滞在しても何ら問題ないことになる。

 逆に言うと、パスポートの期限までしかビザ(居留証)は発給されないので、滞在が可能な期間はパスポートに依るものとなっており、パスポートの期間を超えてはビザ(居留証)を取得することはできず、当然滞在も不可となる。

 ではノービザ入国の場合はどうなるかと言えば、あまりこのケースを聞いたことがないので推測となってしまうが、ノービザ期間の15日分が有効のパスポートを持っていれば入国は可能となる思われる。
 ただし、このような期限ギリギリの場合はやはり入国の際に帰国の予定を尋ねられる可能性が高く、帰りのチケットを提示しないと係官の判断により入国を拒否される可能性もないとはいえない。

 また天候病気その他の原因で、予定の出国が不可能になるリスクも考えると、やはりせめて数か月の余裕期間を持った状態で入国するか、早めにパスポートを更新しておくべきであろう。

 例えば中国滞在中に交通事故に遭うなどして飛行機に乗れない状態となれば1~2か月の時間はすぐに過ぎ去ってしまうことは容易に想像できる。
 そしてもしパスポートやビザ(居留証)がいったん有効期限切れになってしまえば、手続きに必要な書類を取り寄せるのに思いのほか時間がかかるのが外国である。

 なかなか手続きが進まぬままオーバースティとなり、あっという間に時間が過ぎ時間切れになる可能性もゼロではないのである。

 それ故に、いろんな意味でやはりリスクを避けるためにも余裕を持った残存期間で中国入国するのが理想的ではあるが、残存期間が6か月を切ったからと言って入国できないということはないのである。

 ただ、繰り返しになるがやはりいろんなリスクを避ける意味でも、ビザの更新やパスポートの更新はうまくタイミングを見計らって早め早めの手続きを心掛け、余裕を持った状態で入国するようにしていただきたいというのが弊社の希望である。
 

関連記事

  • 中国国内でパスポートを更新した場合のビザ貼り替えには同一人物証明書が必要(訂正)中国国内でパスポートを更新した場合のビザ貼り替えには同一人物証明書が必要(訂正)  中国に長く滞在していると滞在中にパスポートの期限が来て更新が必要な機会も生まれてくる。  日本の在外公館でもパスポートの更新が可能なことは以前も記し、居留証(ビザ)の貼り替えが必要なことも書いたが、最近の中国側のルール改正によりこのパスポート更新後の居留 […]
  • 在留届を出しておくと領事館でのパスポート更新がラク!在留届を出しておくと領事館でのパスポート更新がラク!  ビザの話ではないのだが、中国に限らず日本人が日本を離れて外国に3か月以上滞在する人は現地を管轄する在外公館に、在留届を出して所在を知らせておく義務があると日本の法律で定められている。  上海にも在上海日本国総領事館という領事館があり、上海や江蘇省、浙江省、安徽省 […]
  • 退職して中国を離れるときのビザ(居留証)の扱いについて退職して中国を離れるときのビザ(居留証)の扱いについて  始まりがあれば終わりがあるのが世の中の道理だが、中国で働き始めた外国人もほとんど多くの方は、生きているうちにいずれ日本や母国に帰国する日がやってくる。  稀に中国で生涯を終える方もいらっしゃるがやはり稀なケースであろう。  そこで中国の会社を退社、あるいは駐在 […]
  • 日本人はビザを持っているのにノービザに扱われる危険性がある。日本人はビザを持っているのにノービザに扱われる危険性がある。  以前、中国でノービザ扱いを受けられるのは限られた国であることはここに記したが、日本人がノービザ扱い可能な特殊国であることが災いして、入国管理官が時々間違いを起こしていることが判明した。  某お客様のケースなのだが、中国国外で観光ビザを取得して中国へ入国したものの […]
  • 中国のビザは入国ビザと在留許可の二段階構造中国のビザは入国ビザと在留許可の二段階構造  中国の外国人に対するビザ制度の構造を把握していない方が時々いらっしゃるので、ここで基本的な部分をおさらいして説明したい。  中国における外国人ビザというものは大きく分けて下記2種類に大別される。  ①中国に入国するための目的別の査証(ビザ)  ②中国に長 […]

« »

コメント

  • shi より:

    すみません、教えて下さい。
    上記の情報は、2017年7月現在でも有効ですか?
    8月初旬に一時帰国の予定があり、パスポート、居留許可が10月末までであるため、一時帰国後に更新するつもりでいました。
    そこに総務(中国人)から、残存期間が短いため再入国できない可能性があるので、急ぎパスポートの更新をするように言われました。
    しかしそれでは、パスポート申請後10日以内に再取得するべき居留許可の申請が間に合いません。
    10日以内は努力目標だから大丈夫だとのことですが、新旧パスポート2冊の提示では入国できないという情報もネットで散見し、確かな情報がどこからも得られず、どうするべきかわからずにいます。

    • MIX VISA より:

      お問い合わせありがとうございます。
      残存期間に関しては居留証の有効期間が残っているのであれば、期間内の入国には問題がありません。
      むしろ、パスポート更新直後に入出国するほうが手続き的にはややこしく、パスポート更新後一ヶ月以内に変更手続きを済ます必要があり、工作証の手続きに最大10営業日(約2週間)かかりますので、パスポート更新は再入国後に開始されたほうが無難です。
       以上がご回答となります。

                                         上海SYSビザサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »