上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天大厦22C05

居留許可2年以上の駐在員なら一時帰国時の買い物は消費税免除!

居留許可2年以上の駐在員なら一時帰国時の買い物は消費税免除!


am900_pe071

 中国での労働に際してMビザ・Fビザでの労働が禁じられていることは何度も書いているが、正規に労働ビザ(居留許可)を取得しておくと、罰せられずに堂々と働ける額面上の資格のほかに実は日本に一時帰国した際にいいことがあることを発見した。
 実は海外で生活を続けている駐在員などの人は日本の消費税が免除になるのである。

 ご存知の通り、日本の消費税法が今年2014年4月に改正され消費税率が5%から8%に値上げされ、さらには来年2015年10月には10%への値上げが予定されていて、日本国民の消費コストは高まるばかりの状況となっている。
 しかしながら、実は税率が上がるばかりのこの消費税は外国人旅行者や国内非居住者は免除される特例があるのである。

 つまり日本国内の一般国民が買い物をするときに比べ、8%の消費税分だけ安く品物が買え、来年に税率が10%に上がった時にはその差は更に大きくなることを意味する。

 もちろん、国民の義務である税金が免除されるという大きな特例である以上、適用にはそれなりの厳しい条件があり、国内のどの買い物でも免除されるわけではない。
 下記のような条件を満たした際に消費税が免除になるようだ。

①対象額: 1日1店あたり合計10,801円以上(税込)
②対象者:日本国籍者で2年以上海外に居住している者
③条件 A.国内で消費しないこと
    B.30日以内に出国し、その際に国外へ持ち帰ること
    C.個人で消費するもの
④対象品:食料品、煙草、医薬品、化粧品、フィルム、電池などの消耗品を除く通常の生活用物品(2014年9月30日まで)

 そして、上記②の2年以上国外居住を示す書類として、パスポートの入出国スタンプとビザなどの提示が必要なようで、中国滞在者であれば恐らく居留許可ビザがその対象となる。

 果たしてMビザやFビザでこれが適用になるかどうかは定かではないが、Mビザの場合滞留日数が最高でも180日のため、海外居住者の適用にはならないと推測される。

 つまりここにM・Fビザ滞在者と居留ビザ取得者の扱いに大きな差が存在するかも知れないのである。

 なお実際の免税適用手続きとしては、免税専用のカウンターで直接精算を行うか、お店のサービスカウンターなどでパスポートを提示の上で、免税適用を受け、国外持ち出し用の書類と包装の上で国外持ち帰りとなるようだ。
 つまり国内居住者の税金逃れに横流しされ国内で消費されないための措置と察せられ、友達に頼まれても免税で買ってあげることは出来ないようになっている。

 また、報道によれば今年2014年10月からこの消費税の免税措置範囲が更に拡大され、上記の④の対象品の除外項目が撤廃されるようだ。
 つまり1店舗で1日あたり税抜1万円以上の買い物であればほとんどの品物が免税となる改正が行われ、国外に居住する日本人にとってはさらに利便性が増すことになる。

 ところで、実際のこの免税特典を利用したことのある人に聞いてみると、確かに消費税が免除され安くなって有り難いが、例えばヨドバシカメラのような家電量販店では、免税となる代わりに会員カードのポイント付加対象からも除外されてしまうので、10%のポイント付加商品だったりすると、実質的にはその差があまり出ないケースもあるとのこと。
 その際はお店側とポイントの部分をどれだけ値引けるかの交渉次第で、免税でのお得効果が決まるようだ。

 また、日本国内で免税商品を受けられたとしても、居住国に持ち帰る際に個人使用の範囲を越えて大量に持ち帰ったりすると、今度は居住国の関税の適用範囲に抵触し、税金が取られることも十分考えられるため、個人の範囲を越えた免税の特典利用は難しいようである。
 いずれにしても、これらの免税特典は海外に正規の居住手続きを取っている場合の特典であり、海外に長く滞在するのであればビザも正規の手続きをしておいたほうがやはり何かと都合が良いようである。

(関連情報:「外国人に対する日本の消費税免税制度が改正され消耗品も対象に、在外邦人にも適用」

関連記事

  • 中国のビザは入国ビザと在留許可の二段階構造中国のビザは入国ビザと在留許可の二段階構造  中国の外国人に対するビザ制度の構造を把握していない方が時々いらっしゃるので、ここで基本的な部分をおさらいして説明したい。  中国における外国人ビザというものは大きく分けて下記2種類に大別される。  ①中国に入国するための目的別の査証(ビザ)  ②中国に長 […]
  • 臨時宿泊証明書(境外人員臨時宿泊登記単)の届け出・取得の基本ルール臨時宿泊証明書(境外人員臨時宿泊登記単)の届け出・取得の基本ルール  外国人が中国国内に滞在する際に、必ず届け出をしなければいけないのが臨時宿泊証明である。  正式名称「境外人員臨時宿泊登記単」とされるもので、宿泊地(居住地)を届け出た際にもらえる書類である。  この届出ルールについて、皆さん分かっているようで分かっておられない […]
  • 新規労働ビザ取得時の一時出国が不要に、但しノービザは駄目新規労働ビザ取得時の一時出国が不要に、但しノービザは駄目  これまで中国での新規の労働ビザ・労働目的の居留証取得のためには、中国国外での労働ビザ(Zビザ)の取得が必須であり、そのため中国国内にいる状態から手続きをスタートさせる場合は一時帰国が必須だった。  ところが、今年2016年の春節前の制度変更で、この一時帰国が不要にな […]
  • Mビザ・Fビザの中国停留日数期間の読み取り方の間違いに注意Mビザ・Fビザの中国停留日数期間の読み取り方の間違いに注意  最近日本でMビザやFビザを取得されて入国されている方に時々見られるのが、所持ビザの滞在許可期間ルールを読み間違えてのオーバーステイ。  例えば「180日2年マルチ」と呼ばれるビザがあるが、これは2年間ずっと滞在できるという意味のビザではない。  「2年」という […]
  • Mビザでの違法労働摘発で怖いのは罰金より中国の税金Mビザでの違法労働摘発で怖いのは罰金より中国の税金  最近、上海でMビザで働いていた日本人が摘発され始めている状況は先日ここにも書き、高額の罰金が科せられていることを書いた。  先日の例で言えば、企業への罰金が2万元、個人へも5000元の罰金が科せられたとのこと。  まあ、この罰金だけでも償いとしてはかなりの出費 […]

« »

コメント

  • 双葉浩貴 より:

    質問です。2018年初に61歳以上で中国での工作証(旧就業証)が5年間の期限の場合はB級の可能性もあるのでしょうか?。また労働許可が5年の場合は居留許可証も同一の期間になるのでしょうか?それとも、もし、5年でも居留許可証は短期になるのでしょうか?

    • MIX VISA より:

      双葉様

      お問い合わせありがとうございます。
      ご質問の件、詳しい状況をお伺いしなければ迂闊なご回答はできませんが、
      現在既に5年の就業許可が出ているのであれば、就業証の期限までは居留証の延長が可能で、その後は改めて審査となります。
       またA類とB類はどのランクを申請するかに依り、それぞれの条件を満たせば認定となります。
       また居留許可の年数は、申請者の条件に依り複数年も可能になりますが、原則としては1年単位の取得となります。

                            上海SYSビザサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »