上海SYSビザサポート すいすいビザ代行      上海速易遂商務諮詢有限公司

上海でのビザ居留許可の取得と会社登録をサポートし、あなたの中国ビジネスを支えます。

TEL.021-6245-9971

〒200-070 上海市静安区恒通路360号一天下大厦22C05

Mビザで働いていた人が違法労働で摘発され罰金

Mビザで働いていた人が違法労働で摘発され罰金


am900_bs057
 先日、ある日本企業の顧客から相談の電話が入った。
 先方によると、先方の日本人の社員の1 人は、2年のM(商業貿易)マルチビザで中国に入国し、その後上海の会社で勤務していたのだが、つい先日当局から違法労働として摘発を受けてしまったとのこと。
 当局の説明ではMビザでは労働は禁じられており、入境後から現在までの就業は違法労働に当たるとされ、今回当局から会社に対して2万元、個人に対して5000元の罰金の処分が科されたとしている。

 で、今回当社に相談があったのは、こういった状況下で罰金処分を受けた本人は改めて正規の就労ビザ(Z)と居留許可の手続きができるかどうかだったが、ビザの手続き以外は特に問題が無い状態であったため、恐らく改めて申請すれば基本的には受理されるという回答になった。

 もちろん発覚した時の状況により、悪質と判断されれば最悪の場合強制送還ということもありえるが、現在は法律的移行期間の意味もあり、きちんと手続きすれば再手続は基本的に可能のようだ。
 いずれにしてもMビザ入国での労働は違法であり、現在当局は厳しく取り締まっている状況にあり、該当者は注意が必要となっている。

関連記事

  • 中国のビザは入国ビザと在留許可の二段階構造中国のビザは入国ビザと在留許可の二段階構造  中国の外国人に対するビザ制度の構造を把握していない方が時々いらっしゃるので、ここで基本的な部分をおさらいして説明したい。  中国における外国人ビザというものは大きく分けて下記2種類に大別される。  ①中国に入国するための目的別の査証(ビザ)  ②中国に長 […]
  • 中国のビザは本当に外国人に厳しくなったのか?中国のビザは本当に外国人に厳しくなったのか?  昨年2013年9月に中国の出入国管理法令が変更され、中国における外国人のビザ発給その他が厳しくなり、中国で働くのが以前より難しくなったとされる。  それ故に中国における外国人に対する規制が厳しくなったとも言われる。  果たして本当にそうなのだろうか?  これ […]
  • 新規労働ビザ取得時の一時出国が不要に、但しノービザは駄目新規労働ビザ取得時の一時出国が不要に、但しノービザは駄目  これまで中国での新規の労働ビザ・労働目的の居留証取得のためには、中国国外での労働ビザ(Zビザ)の取得が必須であり、そのため中国国内にいる状態から手続きをスタートさせる場合は一時帰国が必須だった。  ところが、今年2016年の春節前の制度変更で、この一時帰国が不要にな […]
  • Mビザ・Fビザの中国停留日数期間の読み取り方の間違いに注意Mビザ・Fビザの中国停留日数期間の読み取り方の間違いに注意  最近日本でMビザやFビザを取得されて入国されている方に時々見られるのが、所持ビザの滞在許可期間ルールを読み間違えてのオーバーステイ。  例えば「180日2年マルチ」と呼ばれるビザがあるが、これは2年間ずっと滞在できるという意味のビザではない。  「2年」という […]
  • 臨時宿泊証明書(境外人員臨時宿泊登記単)の届け出・取得の基本ルール臨時宿泊証明書(境外人員臨時宿泊登記単)の届け出・取得の基本ルール  外国人が中国国内に滞在する際に、必ず届け出をしなければいけないのが臨時宿泊証明である。  正式名称「境外人員臨時宿泊登記単」とされるもので、宿泊地(居住地)を届け出た際にもらえる書類である。  この届出ルールについて、皆さん分かっているようで分かっておられない […]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です